So-net無料ブログ作成
検索選択

ご無沙汰しておりますです [犬]

う〜ん,全くブログ更新出来ず,みなさんのブログにもお邪魔しても読み逃げばかり,,,
閉じようかどうしようか悩みつつ放置しておりました.
でも閉じるのも寂しいし,せめて月1くらい更新で来たらな,と,希望的観測の上,継続する事にいたしました.
ゆるゆるとおつきあいくださいませ.

さて,我が家の3ワン,皆さん元気です.
AngelinaとRaulは無事8歳に,Giuliaも7歳になりました.
Raulは一回起こしたけいれん発作の再発も今のところなく経過しています.
Angelinaは,先日あまり元気がなく,どうしたのかといろいろ自分で調べたところ,脈が不整でゆっくりに.大層ビビりましたが夜間だったので経過観察していたところ,1時間ほどで脈も回復.元気爆裂になりRaulを追っかけ回していましたよ.一度心臓の検査もお願いしないとですね.
Giuliaはこの時期くらいから皮膚の状態が悪化しやすいので,シャンプーをがんばらなくちゃ!この子も元気で相変わらずの破壊魔です.

そういえば,先日狂犬病の登録で保健所に行った際に,犬の住民票を発行していただきました.
自分で写真を貼るんだそうですが,ハガキ大の用紙に名前,住所などが書かれていて,狂犬病,ワクチンなどの接種証明書と一緒にファイリングしておくと良さそうですよ.
と,現物をお見せしたいのに,なぜかスキャナが使えない,,,
なので見本をどうぞ↓
img_25249_1_1_thumb.jpg
この住民票を見せると,登録しないと利用出来ないドッグランなどでフリーパスになったらいいのにな.

それから,こんなニュース,先月末に見かけたのですが,すごいですよね.

雑種犬プースケ25歳、人間なら125歳ギネス
 栃木県さくら市葛城の主婦篠原由美子さん(41)が飼う雄の雑種犬「プースケ」が25歳になり、最高齢の犬としてギネス世界記録に近く申請される。  人なら120歳を優に超える。2年前、交通事故に遭って生死の境をさまよったが、愛嬌(あいきょう)を元気に振りまいている。  プースケは1985年3月、同市の篠原さんの親戚(しんせき)方で、シバ犬と雑種犬の間に生まれた。狂犬病などの予防接種を受けるため同年4月1日、旧喜連川町(現さくら市)に飼い犬登録されている。  ギネスブックによると、世界最長寿の犬として認定されているのは、3月現在で豪メルボルンの21歳3か月のオーストラリアンケルピー。また、これまでに最も長く生きた犬は29歳5か月とされている。  プースケは朝晩2回の食事に加え、大好物のケーキのおやつも食べる。庭を歩く程度だが運動も欠かさない。2008年夏、車の下敷きになって内臓破裂の重傷を負った。医師から「正直ダメかもしれません」と言われたが、5時間にわたる手術で命を取り留めた。退院後も見知らぬ人が家の前を通るとほえてかかり、番犬としての役割もしっかり務める。「プー」と呼ばれ、家族が帰る時間には必ず玄関前で待つ、一家のアイドルだ。  篠原さんは認定に必要な手続きを進めることにしており、「私が16歳の時に生まれた犬なので息子のような存在。長寿の秘訣(ひけつ)は謎ですが、ここまできたら30歳を目標に面倒をみていきたい」と長寿犬の記録更新に意欲をみせる。  東京農工大の林谷秀樹准教授(獣医学)は「犬の平均寿命は11・9歳で、25歳は人間では推定125歳。ストレスのない生活の影響では」と話している。 (2010年5月31日12時50分 読売新聞) 元記事のURL http://www.yomiuri.co.jp/feature/20090128-945694/news/20100531-OYT1T00525.htm

車の下敷きになったのに,そのときすでに23歳だったのに,復活したプースケ!すごいぞ!
こういう話を聞くと嬉しくなりますね.
我が家のワン達も,プースケにあやかってご長寿犬になれるかな,なれるといいな.

nice!(5)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

nice! 5

コメント 2

よねやまひでき

のんびりと更新してください。
by よねやまひでき (2010-06-09 04:20) 

pooti

>よねやまひできさま
は〜い!ゆるりゆるりとやってきます〜^^

by pooti (2010-06-09 23:32) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。